お子様への″気がかり″を何でもご相談下さい

現在、発達の面で特別な配慮が必要なお子様の数は、普通学級の児童100人のうちおよそ6人ほどであると言われています。そのようなお子様は得意な分野と苦手な分野とのでこぼこの差が、大きい事が特徴の一つです。
また、お勉強の力に問題が無くても、自分の気持ちや考えを言葉で伝える事が苦手であったり、お友達との関係作りがうまくいかないお子様が少なくありません。

学力やコミュニケーション以外にも、視線が合わない、こだわりが強く気持ちの切り替えが苦手、癇癪を起こす、幼稚園や保育園でのお遊戯に参加するのが苦手、などお子様の発達について少しでもお気がかりな事がありましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談は無料です。

療育ご利用料金

入会金:無料

療育1回60分(学習プログラム50分+保護者様への報告10分)
月額 ¥14,000(4回)

法人様向けサービス

当相談室では、幼稚園ならびに保育園、児童発達支援施設、放課後等デイサービスの運営者様を対象に訪問支援サービス(児童発達コンサルティング)を実施しております。

コラム

ママ友マッチングサイト

練馬区在住のママさんが、「気の合うママ友」のマッチングサイトを立ち上げられた…

AD/HDの子どもの二次障害

AD/HDは注意欠如/多動性障害といいますが、この傾向を持つ子どもは他の子ど…

気持ちの切り替えと予定のこだわり

目の前の事に没頭してしまって、次の行動になかなか気持ちを切り替える事ができな…

見る力と聞く力

人の脳は物事を理解したり判断するときには、たえず目から入ってくる視覚情報(見…